記事一覧

既往借入の借換え・一本化に保証を利用できるか

既往借入について、信用保証協会保証付融資で借換え・一本化を行うことができるか知りたい。

信用保証協会では、保証付きの既往借入金を借換え・一本化するための借換保証制度を用意しているが、保証付きではない既往借入金を含む借換え・一本化については、原則として対応していない。

信用保証協会の承諾なく借換えた場合は保証免責もあり得る
約定書例においては、金融機関が信用保証協会の事前の承諾なしで保証付貸付金をもって既存貸付の一部または全部の償還に充当することを禁止している。当該金融機関の既存の債権であれば、保証付きであるか否かを問わず、充当することを認めていない。この充当行為を旧債振替といい、これに違反した場合は保証免責となる。信用保証協会では、保証付きの既往借入の借換えについては借換保証制度を用意しており、例えば保証付きの既往借入金が複数存在している場合、これらを一本化して借換えし、中小企業者の月々返済の軽減を図る等、保証付きの既往借入の借換えに応じている。

また、例外的な扱いではあるが、旧債振替が中小企業者の利益のために必要と判断され、これを事前に信用保証協会が特別に認め、信用保証書の条件欄に表示した場合は対象とすることがある。例えば、保証付借入金で高金利債務を回収するなど、企業の存続、伸張発展のための資金として考えられる場合である。このように事情に応じて保証をしているため、金融機関としてはあらかじめ信用保証協会に連絡、相談を密にする必要がある。単に債権保全の観点から新しい債権に信用保証協会の保証を付けて、既存の債権を消滅させることのないよう注意すべきである。