記事一覧

信用保証と信用保険との関係

信用保証協会による信用保証とその保険である中小企業信用保険とはどのような関係にあるか。
信用保険とは、信用保証協会の代位弁済額のうちの一定割合の額を、日本政策金融公庫が協会に対して保険金として支払う関係をいう。

債務保証の再保険的機能
信用保険とは、中小企業者に対する事業資金の融通を円滑にするため、金融機関の中小企業者に対する貸付等につき信用保証協会が保証した当該保証金額を保険することである。日本政策金融公庫(以下「日本公庫」という)の信用保険部門は中小企業者の借入金等にかかる信用保証協会の保証債務を保険する。日本公庫が対象とする保険は中小企業信用保険法に基づいており、「信用保証協会が行う中小企業者の金融機関からの借入金等にかかる債務の保証」であるとされている。信用保証協会の信用保証が=定の保険要件に合致していれば、保証のつど自動的に保険関係が成立するという包括保証保険契約(約款方式)が両者の間に締結されている。

具体的には、日本公庫が保険者となり事業年度の半期ごとに信用保証協会を相手方として、普通保険・無担保保険のような保険ごとに当該信用保証協会が保証した中小企業者の借入金の総額が、それぞれ一定の金額に達するまで、その保証につき保険関係が成立する旨を定める契約を締結し、その支払うべき保険金額は、代位弁済額(利息・損害金・費用等は除かれる)の70~90%とされている。なお、信用保証協会は保険金の受領後においても、代位弁済によって取得した求償権については、日本公庫に対して回収金の納付義務を負い、回収があればそのつど保険の填補率に応じて、その回収金を日本公庫に納付しなければならない。