記事一覧

保証金額に制限はあるか

信用保証協会保証付貸出において、貸出金の限度はあるか。保証の種類によって異なるのか。

1人あたりの中小企業者に対する保証限度は、信用保証協会ごとに信用保険に対応する形式により、業務方法書に一定の金額を定めている。各信用保証協会により多少の差があるが、一般的に合計額が2億8,000万円(組合等の場合は4億8,000万円)とする信用保証協会が多い。これとは別に、政府の政策的判断による特別な保証制度もあり、原則として前述の一般保証とは別に併用しで利用することができる。また、各地方公共団体の制度融資に関する保証は、それぞれの制度融資要綱に定める限度額が上限となる。

一般的な保証限度額は合計額2億8,000万円業務方法書上の中小企業者1人当りの保証金額の最高限度については、できるだけ多くの中小企業者に保証の利便を与えること、信用保証協会の危険を分散すること等のために、一中小企業者に対する保証金額が過大とならないよう定められている。組合限度は、組合と名がつけばすべて適用されるものではなく、業務方法書上それぞれ限定的に列挙された組合のみに適用される。したがって、限定列挙された以外の組合(例えば消費生活協同組合)の場合は、個人・法人の保証限度が適用されることとなるので留意が必要となる。